<< オーディオコメンタリー | main | おやつー >>

完結!

今日発売のREXにて。
おおおおおおお
大団円!
お見事!
ちなみにわたしが一番好きなのはハゲを別としてしいぽんです。
王子さまだもん!

高遠くんお疲れさまでした。
CYNTHIA_THE_MISSION
すっごく面白かったよ!シンシア描いてくれてありがとうございました。

高遠くんとマンガの話をすることあるんだけど、「上手い絵」について、
「高河さんは、自分に描けないタイプの絵は全部「上手い」って言う」
というようなことをズバッと言われてなんだよーそれーって口をとんがらかしていた訳
ですが、まったくそのとーりであります。
線が荒い絵、リアル系の絵、劇画、デッサンしっかりしてる系、描きこみ系、ゲーム系、
自分と違うタイプの絵全てに憧れがあって、「描けない」と思うと「上手い」になってしま
いがちです。これって実はコンプレックスの裏返しなので、実際冷静な判断じゃない。
絵を描いてる多くの人が陥ってるところです。
でもそれでも「上手い絵」について考えるのを止めることはできない。
それをやめたら、もう絶対手が届かなくなっちゃいそうな気がして怖いからです。
いつまでも同じことをグジグジ考えて、おんなじ場所をグルグル回っているだけかも、
でも考えることをやめる訳にはいかない…。
最近思ってるひとつの結論としては、やっぱり「上手い絵」って、「快感を覚える絵」の
ことかな、です。
「絵柄」は「上手い」の決定的な要因じゃなくて、もっと感情的なもの、要するに

「見た時に気持ちのいい絵」

が究極的によい絵なのかな、と思います。
なので、そこ目指したいと思います。
何故デッサンが重要かというと、デッサン狂ってると見た時気持ちよくないから。
そんなかんじ。

仕事、みっつくらいやっつけたけど全然おいついてません。
ど、ど、どうしよう。
焦る。


calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
Twitter
selected entries
categories
archives
            
            
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
JUGEMのブログカスタマイズ講座